上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
こんにちは。東川の沢辺です。


2月に入り、寒い日が続いてますが・・・
この日(2月4日)は、何と!占冠では-34,4℃の記録的な寒さだったとか。

それに比べたらまだ暖かい層雲峡でしたが、それでも-15℃前後。
ピリリッと空気がしばれます。

H.E.S初企画の場所となる冬の層雲峡。
紅葉滝を目指して、赤石川沿いの紅葉谷をスノーシューで歩きました。

車を置いて、紅葉谷入り口に入る前に早速出てきた野生動物。
エゾシカです。
P1020915.jpg
温泉が流れているので、地熱が高く、雪も少ないのでどうやらエゾシカの棲みかになっている様子でした。

エゾシカの棲みかを横切って、紅葉谷の入り口へと入っていきます。
夏の散策道の跡は、もはや判別できないほど一面の雪!
川沿いの道をスノーシューで進んでいきます。

川を挟んですぐ向かい側は柱状節理の岩壁。
柱状節理
今にも落ちてきそうなほどの大迫力の六角形の岩が立ち並びます。
柱状節理を横目に、比較的アップダウンの少ない森の中を歩いていきました。

ベロ

まるでベロを出しているようにうすっぺらいつららも!


マツの木と柱状節理の岩壁・・・まるで日本画や盆栽の中の世界に迷い込んだような錯覚を起こしそうな場所です。

森をぬけると、今度は川沿いをひたすら登り道。
のぼりきった先には紅葉滝が待っていました。凍った滝が見事でした。
もみじ滝


層雲峡ビジターセンターでお弁当を食べた後は、氷瀑まつり会場へ。

鍾乳洞のような会場の中。
ライトアップされた氷がきれいでした。夜はもっと幻想的な色なのでしょうね。
氷瀑
会場


とっても寒い日でしたが・・・
雪があるから、氷があるから楽しめる、冬の北海道の魅力を再確認した1日でした。


さわべ
スポンサーサイト
2010.02.08 Mon l ツアー報告 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

冬の層雲峡
層雲峡は私は春~秋しか知りませんでしたが、冬もいいですね!普段は見られない層雲峡の自然の奥深さを楽しまれたようでなによりです。
2010.02.09 Tue l H.E.S.管理人. URL l 編集
No title
冬は間直で柱状節理がみれるので、迫力が違います!!冬はやっぱり自然のデカさを感じますね。
2010.02.10 Wed l sawabe. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hes.blog9.fc2.com/tb.php/207-d8409c8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。