上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
札幌の黄葉も盛りを過ぎつつありますね。テレビにもスタッドレス・タイヤのコマーシャルが増えて、冬がやってくるんだなあと実感します。

さて、先日白老のポロト湖への1日プログラムを行いましたが、あいにくの天候でご参加になれなかった方が多くいらっしゃいました。そして再設定を求める声が多かったものですから、急遽11/12(土)に行う事にしました。もう紅葉には少し遅いですが、葉が落ちた森は野鳥の観察にはもってこい。ポロト湖の奥に広がるウツナイ川源流部の森は、晩秋の静けさで皆さんを迎えてくれることでしょう。どうぞお気軽にご参加下さい。

11/12(土) 「清流の森 ポロト湖ウォッチング」  参加費7,800円

お問い合わせ・お申し込み
北海道エコツアーシステム(HES) 中山
電話 011-200-5682
スポンサーサイト
2005.10.31 Mon l お知らせ l COM(0) TB(0) l top ▲
冷え込んだと思ったら、暖かくなったりして、
今年は天候がいつもと違いますね。

色付きが悪いといわれている野幌の森で、きれいに紅葉している場所を見つけました。
大沢口からかつらコースを歩いていくと、谷沿いにカエデの美しい場所があります。
週末に出かけてみるのもいいかもしれませんね。(ねおす小林)


kaede.jpg

カエデの紅葉
2005.10.27 Thu l 北海道の自然情報 l COM(0) TB(0) l top ▲
北海道の秋も最終盤となりましたね。
雨にそぼぬれたポロト湖ではカエデがきれいに紅葉していました。
出発のときに激しく降っていた雨は歩き始めてまもなく上がり、楽しいひと時を過ごすことができましたよ。

ポロト湖の奥に広がる森は巨木の残る気持ちのいい森です。
ここの森にはクリがたくさん生えています。一説によると先住民が植えたとか。
クリは食料にも建築材にも燃料にもなる重要な木だったのでしょうね。

そんなことを想像しながらの森歩きでした。(ねおす小林峻)


utsunai.jpg

   ウツナイ川の美しい流れを眺める

momiji.jpg

   倒木の上に散りばめられたヤマモミジ
2005.10.25 Tue l ツアー報告 l COM(0) TB(0) l top ▲
札幌に冬がやってこようとしています。街中ではまだ黄葉が見られますが、山ではもう葉を落とした木々が多く見られます。週末に出かけた札幌郊外の三段の滝あたりでも、もう盛りが過ぎた感じです。最後の秋色、目に焼き付けられて良かったです。(HES 中山)

IMG_2645_edited.jpg

2005.10.24 Mon l 北海道の自然情報 l COM(0) TB(0) l top ▲
秋の道東は人も少なくてよいものです!
旭川の会員 田上様・山路様のオーダーツアーで3日間釧路川を
楽しんできました・・・
支流にはアメマスが上がり、川面には紅葉した森がうつっていました
のんびりゆっくりするならやっぱり道東ですね・・・・
アメマス川のアメマス

屈斜路湖でののんびりカヌー


少人数ならではいろんな出会い(地元の人や旬の食材などなど)が
たくさんあったよいたびでありました!
 ご興味ある方はお気軽にお問い合わせくださいませ

とばこういち
2005.10.17 Mon l ツアー報告 l COM(0) TB(0) l top ▲
先日もお知らせしましたように、HESでは来年新春にコスタリカ・ツアーを行います。そこでその概要をお伝えするツアー説明会をご用意致しました。どうぞお気軽にご参加下さい。

《コスタリカ・ツアー 説明会》
日時 10月19日(水)、25日(火) 15:00~16:30
    11月1日(火)         19:00~20:30
場所 北海道環境サポートセンター・多目的ホール
   (札幌市中央区北7条西5丁目5番 札幌千代田ビル1階)
    ※JR札幌駅北側・ヨドバシカメラの北向かいです。
内容 画像・映像を交えてコスタリカの自然とツアーの内容を紹介
   します。


【ツアー概要】
自然まるごと!コスタリカ 11日間
2006年1月2日(月・祝)~12日(木)
札幌発着 旅行代金:425,000円(予定)
東京や他の地域からのご参加も承ります。東京からのご参加ですともう少しお安くご提供できます。どうぞご相談下さい。


今回の説明会は予約制となっております。参加をご希望の方は前日までにどうぞお電話・FAX・Eメールなどでお申し込みをお願い致します。

北海道エコツアーシステム(HES)  中山
電話 011-200-5682
FAX 011-200-5166
Eメール hes@neos.gr.jp


熱帯の宝石 ケツァール
ケツァール

2005.10.17 Mon l お知らせ l COM(0) TB(0) l top ▲
ニセコが美しく染まっています。

訪れる人の少ない「鏡沼」ではきれいな紅葉を見ながら、ゆっくりと昼ごはんをいただきました。
黄色いものはミネカエデやダケカンバ、赤いものはナナカマドにハウチワカエデが主でしょうか。
ゆっくりとした時間を過ごしていると、たくさんの鳥の群れが現れました。
冬の到来を告げる、北方からの渡り鳥「ツグミ」です。
一生懸命にキハダの実を食べていましたよ。

帰りに訪れたイワオヌプリのロックガーデンでは、
ニセコアンヌプリのダイナミックな光景を楽しみました。
温泉は羊蹄山の麓にある真狩温泉へ。
地元の野菜や果物を仕入れて札幌へと戻りました。
大満足の1日でした。


kagamigohan.jpg
   鏡沼での昼食

kagaminuma.jpg
   水面に写る紅葉
2005.10.14 Fri l ツアー報告 l COM(0) TB(0) l top ▲
毎年恒例のコスタリカネイチャーツアーを今冬も実施することになりました。

ナマケモノやワニの生息する熱帯雨林のジャングルから、山あいに発達した熱帯雲霧林まで、
たくさんの生き物を探しながら過ごします。
ハチドリやヤドクガエル、ハキリアリやたくさんのサルにも出会えます。
また今回は「ケツァール」にこだわりました。
ケツァールとはコスタリカに生息するとても美しい鳥で、森の妖精とも言われています。
手塚治虫の漫画「火の鳥」のモデルにもなりました。
この鳥を見るためのベスト・スポットへ皆さんをご案内します。

ツアー日程:2006年1月2日(月)~12日(木) 11日間
訪問予定地:サンホセ、バラ・デ・コロラド、トルトゲーロ、サベグレ

現在手配を進めています。
近々説明会も開催予定です。どうぞご期待下さい!


PICT0353blog2.jpg
   ケツァール
2005.10.12 Wed l お知らせ l COM(0) TB(0) l top ▲
連休の10日(月・祝)、大雪山方面に出かけてきました。「大雪の秋 秋の実りをうけとろう」として行われたプログラムに私も参加したのです。
旭岳温泉周辺は紅葉がちょうど見ごろ。わさび沼のほうまで散策したところ、姿見の池界隈と違って訪れる人もなく、とても静かで落ち着いたひと時を過ごせました。
紅葉の赤や黄、針葉樹の葉の緑と樹木の茶、空の青、雲や旭岳山頂の雪の白…。彩り溢れた山の秋がそこにはありました。
まさに至福のひと時。満ち足りた気分を満喫できました。(HES 中山)


わさび沼

2005.10.12 Wed l ツアー報告 l COM(0) TB(0) l top ▲
この連休皆さんはいかがお過ごしでしたか?土曜日は少し雨模様でしたが、日・月曜と全道的に晴れたようで外出された方も多かったのではないでしょうか。

(お知らせ)
10/20(木)に予定していました「秋色の豊平峡ハイク」が現地の都合で催行できなくなりました。代わりにニセコの神仙沼に行くツアーを新設します。秋も深まってきた今、紅葉ウォッチングもそろそろラスト・チャンスですよ!

10/20(木) 紅葉のニセコ連山と神仙沼 参加費7,000円 札幌発着

お申し込み・お問い合わせ
北海道エコツアーシステム 中山まで
電話 011-200-5682 
2005.10.11 Tue l お知らせ l COM(0) TB(0) l top ▲
ノスリが200羽、オオタカが10羽、ハイタカやツミ、そしてハヤブサにミサゴも登場!

そう、これらは今回のツアーで見られた鳥の種類と数です。
快晴、微風の絶好のコンディションの中、たくさんのタカが頭上を渡っていきました。
今の時期はノスリが主に渡るのですが、今日は特別多かったようです。
午前中の2時間があっという間に過ぎていきました。
岬の先端で過ごしていると、シジュウカラやカワラヒワの群れも次々にやって繰るのです。
とても楽しい時間でした。

午後は森の中をゆっくりと歩いて、植物の種を食べる小鳥の姿も堪能できました。
そうそう、エゾシマリスがカエデの種をほおばっている姿も見ることが出来ましたよ。
自然界のドラマを楽しめた1日でした。(小林峻)


takanowatari.jpg
   観察風景
takabashira.jpg
   タカ柱
nosuri2.jpg
   ノスリの飛翔
2005.10.11 Tue l ツアー報告 l COM(0) TB(0) l top ▲
雁の渡りを堪能してきました!

晴れ渡った空、透き通った風、ガンを見るには絶好の日和です。
お集まりいただいた3名のお客様と宮島沼を目指します。
まずは「米粉パン」で腹ごしらえ。もっちりとしていて美味しいパンです。
お腹がいっぱいになったところで、砂川の袋地沼でオオヒシクイの観察にでかけました。
そーっと土手の上にのぼってみると・・・、いました!一生懸命にヒシの実を食べています。
このヒシの実はアイヌの方も食べていたそうです。食べてみると、ほのかにあまい味がしました。

夕方、いよいよねぐら入りの時間が迫ってきました。
遠くの山の端から沸き立つようにガンの群れが現れます。
小さかった姿がどんどんと大きくなり、頭上を飛びこして沼へと降り立つのです。
素晴らしい光景でした。
この光景をいつまでも守っていきたいと、心から思った1日でした。(小林峻)


maganhishou2.jpg
   美しい雁行

magannegura.jpg
   夕焼けの宮島沼にねぐら入り
2005.10.11 Tue l ツアー報告 l COM(0) TB(0) l top ▲
今朝のテレビで知床二湖から生放送で中継していました。朝のせいか湖はひっそりとしていて、幽玄な雰囲気をかもしだしていました。
HESでは10/14(金)から2泊3日で知床へのツアーを予定していますが、急遽58,000円の参加費を48,000円に値下げさせて頂きます!どうぞこの機会に錦秋の知床をご堪能下さい。

10/14(金)-16(日) 知床の紅葉とサケ・ウォッチング 3日間(旭川発着)
知床の秋は忙しい!動物達の命の営みを体感します。
参加費58,000円→48,000円
お申し込み締め切り 10月10日(月・祝)


お問い合わせ・お申し込み
北海道エコツアーシステム 中山まで
電話 011-200-5682(留守番電話に転送されるかもしれませんが、伝言をお残し下さい)
2005.10.08 Sat l お知らせ l COM(0) TB(0) l top ▲
朝晩が寒くなってきている今、季節が秋そして冬へと移っているのがひしひしと感じられます。それを感じているのは野山の動物達もきっと同じでしょう。
冬支度に忙しい彼らにそっと会いに行きましょう。

11月19日(土)~20日(日) 晩秋の動物達・東川アニマルウォッチング 2日間
モモンガやコウモリなど冬を越す準備をする彼らの横顔を覗きに行きましょう。
参加費 お一人様18,000円
集合・解散 JR札幌駅

お申し込み・お問い合わせ 北海道エコツアーシステム(HES)
電話 011-200-5682 中山まで
2005.10.07 Fri l お知らせ l COM(0) TB(0) l top ▲
秋も深まってきた今、皆さんいかがお過ごしですか?
10/1~2に行われた紅葉の然別ネイチャーツアーについて、同行したガイドの庄司から報告が入りました。紅葉もこれからがピーク。皆さんも秋を存分に楽しんでくださいね。(HES 中山)

--------------------------------

旭川駅を出発しまずは十勝三叉へ。旧上士幌線の終着駅として一時は約1500人の人々が生活していた場所です。今は2軒の家があるのみ。ここから糠平温泉の方へ向かっていくと上士幌線のアーチ橋がいくつか見えてきます。古いアーチ橋の上は苔が生え、トドマツの幼樹までが育っています。人が作り、放置した所に自然が還っていく、そんな光景が見れました。翌日は然別湖から東雲湖へ。湖の青さとオガラバラのオレンジ、雲の白のコントラストが絶妙でした。然別の紅葉は6割といったところ。また、帰りによった三国峠からの眺めは最高でした。(大雪山自然学校 庄司)
2005.10.06 Thu l ツアー報告 l COM(0) TB(0) l top ▲
今日の札幌は良く晴れた一日でした。
空気が透明になっているのが良く分かります。気持ちのいい風が吹いていました。

こんな日はタカが渡ります。
タカというのは鳥の鷹です。猛禽類の鷹です。
渡り鳥というとカモやハクチョウがおなじみですが、タカの仲間も渡りをします。

秋の透明な青空を背景にして、タカが渡っていく情景を思い浮かべてみてください。
文句なしに、美しい!そして、かっこいい!

タカの渡りを追いかけて、5年間も屋久島に通い続けたことがありました。
そう、日本全国どこでもタカは渡っているのです。
もちろん、この北海道も例外ではありません。

10月9日(日)にそのポイントの一つに出かけてきます。室蘭市地球岬周辺の展望台です。
ノスリやオオタカが渡ります。シジュウカラも100羽を越える群れで渡ります。
(「タカの渡りを見に行こう」参加費8,500円)

どうですか?皆さんも一度出かけて見ませんか?
人生の楽しみが、ひとつ増えますよ。


nosuri.jpg
    ノスリ
2005.10.04 Tue l お知らせ l COM(0) TB(0) l top ▲
皆さん気づいていますか?
昨日いた鳥が今日はいなくなっていることを。
そして昨日いなかった鳥が今日はそこにいることを。

意識しないとなかなか分からないけれど、
次々に鳥が動いています。
北から北海道にやって来る鳥もいれば、
北海道から南にいくものもいます。
さらには北海道を飛び越してしまうものもいます。

宮島沼にはたくさんのマガンが来ていました。
あと1週間ほどがガンの渡りの見ごろでしょう。
暖かい服に身を包み、ガンの渡りを見てみませんか?
(NPO法人ねおす小林峻)



maganhishou.jpg
   宮島沼上空を飛ぶマガン
2005.10.03 Mon l 北海道の自然情報 l COM(0) TB(0) l top ▲
だんだん秋が深まってきましたね。札幌の街でもナナカマドの実が赤くなって、秋の気配が感じられるようになりました。週末に出かけた北大植物園では、トリカブトの紫色の花が妖しく(?)咲き乱れていました。ただまだ広場は青々としていて、天気が良ければとても気持ちのいい空間です。植物園は11/4以降は温室のみの開園となります。気軽にのんびりしたい方、どうぞ10月中に植物園へ。
(HES 中山)

札幌とは思えない光景

2005.10.03 Mon l 北海道の自然情報 l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。