上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
こんにちは!
ねおすのネイチャーガイド、小林です。
今回は追加ツアーで知床に出かけてきました。

今の時期に知床を通過していくオオワシを探したり、
観光客が減って静かになった知床の森を歩いたり、
今の時期ならではの自然が楽しめたツアーでしたよ。

tohutu.jpg


ご参加の皆さんを網走でお迎えしたあと、
まずは鳥の集まる濤沸湖へと向かいます。
ここは鳥を餌付けているため、とっても近くで鳥を見ることができます。

hakucho.jpg


ハクチョウも近くまで寄ってきます。
その他周りにはオナガガモやマガモなどがいました。
淡水にいるカモが多いみたいですね。

賢明な参加者の皆さんは
すぐに気づいていらっしゃいましたが、
野生動物に餌を与えることは良いことではありません。

そんなことをしなくても、
鳥であふれるぐらい素晴らしい場所なのです。ここは。

onebetsu.jpg


オンネベツ川の河口ではまだサケが上がっていました。
そして!
だんだんと天候が崩れる中!
上空をオオワシが渡っていきました!

全く羽ばたかずに渡っていく姿に、
ただただ感動です。
(写真が無くてすみません。)

-----
2日目はオシンコシンの岬からスタートです。
ここは知床8景にも選ばれている、ビューポイントでもあります。

oshinkoshin2.jpg


曇りの天気ながら、知床連山の全容を、仰ぎ見ることができましたよ。
朝からなかなかラッキーです。

oshinkoshin.jpg


オオワシや動物たちを探して、しばしのウォッチング。

oshi3.jpg


なんだかシカの足跡だらけ、
そんなことをみんなで話しながら歩いていると、
エゾシカの寝床を見つけました。

おそらく、昨晩寝ていたのです。

shika.jpg


お昼は豪華にサケ親子丼、
を食べる人もいました。

サケのハラス定食も美味しかったですよ。

sakeoyako.jpg


午後は閉鎖を2日後に控えた、知床五湖を歩きます。
クマスプレーを持ってはいますが、
まずは出会わないことが大切です。

ヒグマに出会わないための話をさせていただいてから、
ゆっくりと歩いていきます。

RIMG0057.jpg


五湖は結氷していました。
トドマツの生えた浮島にアカゲラが1羽とまります。

goko1.jpg


低くなってきた雲で、連山の頭が隠れました。
それにしても静かなのです。

目をつぶって静寂を楽しみ、
スープやお茶をこくりと飲んで、体を温めました。

夏の喧噪とは全く違う、五湖を楽しめたと思います。
キュイーンとシカが鳴いていました。

goko3.jpg


-----
3日目はフレペの滝遊歩道を歩きます。
陽の光が暖かく、木も鳥も動物もリラックスしているようでした。
エゾシカの親子も何度かみかけました。

hurepe2.jpg


陽の光の当たらないフレペの滝はご覧の通り。
凍り付いています。
ひらりとハヤブサが谷を飛翔します。

hurepe3.jpg


人もリラックスしてます。

hurepe1.jpg


最後にはじっくりと、
とまったオオワシを楽しみました。

oowashi.jpg


何度も訪れている知床ですが、
11月下旬に来たのは初めてでした。
オオワシが渡り、シカが鳴く知床は素晴らしいものでした。

また皆さんとご一緒できる日を楽しみにしています。
ありがとうございました。

(NPO法人ねおす 小林峻)
スポンサーサイト
2007.12.06 Thu l ツアー報告 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。