上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
馬追丘陵に行ってきました、といいたいところですが、
ヒグマ出没のため千歳川の河畔林を歩いてきましたよ。

千歳市のウサクマイ周辺は、
良好な樹林の残る散策路があります。

まずは擦文時代の遺跡跡からスタートしました。
ここには大きなカツラの木やハルニレの木が残り、
雰囲気抜群です。

PICT2758.jpg
大きな倒木の上はコケの森になっていました。

カツラの香りに誘われながら川沿いを歩いていくと、
小さな小鳥たちの群れがやってきます。
だけどもいる場所が樹冠部なので、首がイタイ!
なかなか鳥の観察も大変です。

PICT2762.jpg
川の上空には、
魚をねらっているのでしょうか、
頻繁にミサゴが飛びます。

PICT2764.jpg
ヤマセミも現れましたが、
声はすれども姿は見えず、残念でした。

ゆっくり歩いた後は、近くのイタリアンレストラン「nao」へ。
おいしいパスタをいただきましたよ。

PICT2765.jpg

午後は支笏湖の秘境オコタンキャンプ場で紅葉探し。
ハウチワカエデのグラデーションに見とれ、
湖畔でお茶をいただいて帰ってきました。

支笏湖の紅葉は今週末でおしまいのようです。
もう、落ち葉の方が多いくらいでした。

次の報告は雪が降ってからとなります。
これから企画をパンフレットにしてお送りいたしますので、
しばらくお待ち下さい。

それでは。

ねおす小林峻
スポンサーサイト
2008.10.19 Sun l ツアー報告 l COM(0) TB(0) l top ▲
今年もウヨロ川フットパスを歩いてきましたよ!
このコースは秋がいちばん楽しいのです。
何でかって?

サケの遡上を楽しめますし、渡り途中の小鳥たちも豊富です。
必ずと言っていいほどカワガラスが近くに来てくれるのもうれしいですね。

コースは牧場~河畔~草原~森と変化に富んでいるので、
歩いていても飽きることがありません。
今年も楽しんで歩くことができました。


PICT2757.jpg
森の小径を歩いていくと、

PICT2754.jpg
こんな紅葉が!

たくさんの出会いがあるから、野山歩きはやめられません。
みなさん、またご一緒させてください!

ねおす
小林峻


2008.10.19 Sun l ツアー報告 l COM(0) TB(0) l top ▲
皆さん、こんにちは。
NPO法人ねおすの沢辺です。

10月11日に私の初企画で、
天人峡と旭岳をつなぐ登山道のハイキングに行ってきました。

当日の天気ははあいにくの雨・・・・
急きょ予定を変更し、天気が大きく崩れる前に
旭岳温泉を目指して登山道を出発しました。

雨の中歩く山道を柱状節理の岩壁を見下ろしながら進みました。
露に濡れた紅葉の葉や、霧の中でしとしと落ちる雨の音がとても印象的でした。
hyoutannnuma
ひょうたん沼に付く頃には、天人峡とも植生が大きく変わり
アカエゾマツやトドマツなどの松の木が目立ちました。
松の木はちょくちょく雨宿りに使わせてもらいましたが、
これだけ雨が防げれば動物が冬に寝床に使うのも納得です。

登山道を抜けると旭岳青少年野営場に到着しました。
お昼ごはんを食べながら、焚き火とおやつ作り。
takkibi
じゃがいもを焼きじゃがバター。
美瑛の沢尻農園で買ったポップコーンも焼きました。ポップコーンがはじける瞬間がたまらなく面白い。
食後は焚き火で炒ったコーヒーを飲みました。焚き火を囲みながら飲むコーヒーは格別の味でした。

旭岳温泉で冷えた体を温めた後は、旭岳原水へ。大雪山のミネラルウォーターを汲みました。
gennsui

最後におまけで、森の神様へ。
推定樹齢900年、幹周11.5m、樹高31mのカツラの木。
katura
近くでみるとなんともいえない迫力が・・・


あいにくの悪天候でしたが、プログラムを楽しんでもらえた事に大感謝。
参加してくださった皆さんありがとうございました。

これからもどうぞよろしくお願いします。

NPO法人ねおす大雪山自然学校 沢辺佳彦
2008.10.18 Sat l ツアー報告 l COM(1) TB(0) l top ▲
こんにちは!
ねおすのガイド、小林です!

今回のツアーでは北海道秋の風物詩、
宮島沼のマガンの渡りを見に行ってきましたよ。

ただ見に行くだけではもったいないので、
近郊の浦臼町にある鶴沼ワイナリーで試飲を楽しんだり、
眺めの良い丘の上で昼食をいただいたり、
近くの静かな湖畔を歩いたりもしました。

PICT2723.jpg
ここは昼食をいただいた丘の上ですね。
鶴沼ワイナリーとブドウ畑を一望することができるビューポイントです。
ここに来る前には、美唄のパン工房すぎうらにて、
米粉パンやその他のパンを仕入れてきたのですよ。
熱い紅茶とパンの組み合わせは、なかなかでした。


PICT2725.jpg
鶴沼ワイナリーではブドウ畑を見学することもできます。
ブドウの木ってフェンスのような物にはわせてあるんですね。
収穫しやすくするための工夫のようです。
ここでは食用のブドウを売っていたり、
ブドウ狩りをすることもできたりするので、なかなかおすすめです。


PICT2727.jpg
降り始めた雨を避けながら、
鳥や生き物の姿を探して月ヶ湖へと移動しました。
たくさんのカモやカイツブリ、そしてアオサギなんかが見られます。
上空にはトビが輪を描いています。
そして何より目を引いたのは、紅葉の鮮やかさですね。
この時も気まぐれな雨雲に襲われつつあるのですが、
日が射したのでシャッターを切りました。
しかし、その後皆さんずぶぬれに・・・。


PICT2728.jpg
マガンの帰る時間になったので宮島沼に移動しましたが、
雨が上がる気配がありません。
それでも日が射すので、車中からは見事な虹が見られました。
この虹をバックに飛ぶマガンを皆さんはねらっておられましたが、
モノにはできたのでしょうか?

PICT2745.jpg
しばらくすると、雨も小やみになりマガンのねぐら入りの始まりです。
強風による寒さと、ときおりあられ混じりの強い雨をしのぎながら、
夕暮れのマジックタイムを楽しみました。


PICT2732.jpg
風雨の強い日だったからか、とても雲に表情のある夕暮れでした。
穏やかな夕焼けも良いですが、こんな空も良いです。
なかなか見ることのできない風景です。
実際、宮島沼に出かけている人の数もずいぶん少ないようでした。

PICT2735.jpg

最後に大きな大きな群れを見た後、
再び雨が降り出して今日はここまでとなりました。
天気が良ければいつまでも見ていたいのですけど、
この悪天候の中でこれだけ素晴らしい風景を楽しめたことに感謝です。

みなさん、ありがとうございました。
NPO法人ねおすの 小林峻
2008.10.12 Sun l ツアー報告 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。