上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
雪の利根別休養林に出かけてきました。
しかし今年は雪が少ないですね!
利根別も例年の半分ぐらいしか積もっていない印象でした。

それでも前日に20cmほど積もったようで、ふかふかの雪が楽しめましたよ。

tone1.jpg
天気が良くてまぶしいぐらいでしたが、
このあと雪が降ったりやんだり、
そしてまた晴れたりと変化に富んだ1日でした。

tone2.jpg
この森はヤドリギが多いんです。
大きな物からこんな小さな物まで様々です。
手に取れるほどの近さで見られたりもします。
実の赤い種類と黄色い種類の違いなんかも面白いですね。

tone4.jpg
ほどよく斜面もありますので、
駆け下りたり、尻すべりも楽しめますね。
ここは樹高の高い良い森が残っているので気分爽快!

tone5.jpg
途中、雪の重みで落下したヤドリギを見つけました。
こんな風に手に取れることも滅多にありませんね。

最後になりましたがこの日はたくさんの鳥を見られたんです。
行きがけに石狩川でオオワシを見つけましたし、
森の入り口では看板にヤマゲラがとまっていました。

森の中ではハシブトガラが飛び回り、
ゴジュウカラやコゲラ、アカゲラが近づいてきてくれました。

冬の森はたのしいですねぇ。

NPO法人ねおす 小林峻
スポンサーサイト
2009.01.19 Mon l ツアー報告 l COM(2) TB(0) l top ▲
うすく雪に覆われた西岡公園に出かけてきました。
まだ大雪に見舞われる前でしたから、ツボ足での行動です。

今回はバードウォッチング入門ということですので、
双眼鏡使い方から鳥の見つけ方までを、ゆっくりと確実に練習してから歩き始めました。
そうそう、西岡公園の管理事務所にも立ち寄りました。
ここで情報をいただくと寄り楽しく公園を歩けるんです。


nishioka1.jpg

森の中を歩いていると、小鳥たちの声がだんだんと大きくなってきます。
木の幹を歩き回るゴジュウカラ。
枝から枝へと渡っていくシジュウカラやハシブトガラ。
気が早くさえずり始めたヒガラ。
いろいろな鳥たちが姿を見せてくれましたよ。


nishioka2

こんな風に開けた場所だと鳥が見つけやすいですね。
鳥が良く見つかる場所で立ち止まったり、見えやすい順光側に立ったりするだけで、
出会える確立がグンとあがります。


nishoka3.jpg

森に光が入る今は鳥を見る絶好のチャンスです。
皆さんもご一緒にいかがですか?

ねおす 小林峻
2009.01.07 Wed l ツアー報告 l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。