上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ニセコのお手軽花の山、白樺山に登ってきましたよ。
まずは写真のみアップします。

P1010105.jpg

山菜取りでにぎわう駐車場でウォーミングアップをしましょう。


P1010111.jpg

尾根に出ると、ミヤマアズマギクが迎えてくれました。


P1000610.jpg

山頂は風がなく、暑いぐらいです。


P1010116.jpg

お手軽絶景を風に吹かれながら楽しみます。


P1010117.jpg


チシマザクラが見送ってくれました。

ねおす小林峻
スポンサーサイト
2009.06.29 Mon l ツアー報告 l COM(0) TB(0) l top ▲
美瑛の大自然、小松原と望岳台を歩いてきましたよ。
深い森と渓谷沿いの道、そして森林限界の岩礫地と2つの環境を楽しみました。

まず午前中は森の散策です。

P1010091.jpg

美瑛川沿いには花がたくさん咲いています。
カラマツソウやミヤマハンショウヅルが見られました。
マイヅルソウも大群落でしたね。

アカエゾマツの倒木更新やドロノキの大木がここの見所です。


P1010097.jpg

場所を望岳台に移すと、ナント散策路が通行止めでした。
仕方がないので登山道沿いに花や鳥を探しながら歩きます。
フレッシュなウコンウツギが迎えてくれました。


P1010101.jpg

さながらロックガーデンのような場所では、
エゾイソツツジやマルバシモツケ、ウラジロタデが風景を彩ります。


P1010104.jpg

まるで登山をしたような、良い気分を味わって、
温泉へと向かったのでした。

お手軽高山気分はおすすめですよ。

ねおす小林峻
2009.06.29 Mon l ツアー報告 l COM(0) TB(0) l top ▲
本州はもちろん、北海道でも珍しい平地の森を歩いてきましたよ。
苫小牧東部工業地域は工業地として開発された場所ですが、
緑地がしっかりと確保された場所でもあります。

そんな工業地のとなりにある森を今回は訪れました。

P1010061.jpg

明治時代には開拓の手も入りましたので、建物跡なども森には見受けられます。
ここはミズナラだけではなくコナラも見られるのが特徴ですね。

P1010066.jpg

周辺は2年前に全国植樹祭が実施された場所もあります。
ここは草が刈られて気持ちのいいランチスポットです。

P1010069.jpg

午後は近くの勇払原野まで足を伸ばし、弁天沼周辺を散策してきました。
夏だというのにオジロワシが現れたり、チュウヒが飛んだりとなかなか楽しめます。
草原の鳥たち、オオジュリン、ノビタキ、ホオアカ、コヨシキリもにぎやかです。

初夏の森と草原を楽しんだ1日でした。

ねおす小林峻



2009.06.29 Mon l ツアー報告 l COM(0) TB(0) l top ▲
 6月14日の日曜日に洞爺と登別を結ぶオロフレ峠に出かけてきました。私はガイドではないのですが、今回はツアーの皆さんと同行しました。
7:30と少し早い時間に集合。今回は14名様と多めのご参加をいただきました。車2台に分かれて出発。支笏湖経由でオロフレ峠を目指します。
 オロフレ峠の駐車場は霧雨に包まれていました。気温も低く、全員レインウェアを着こんで出発。登山道を歩き出してすぐにシラネアオイが登場!何輪ものシラネアオイがその上品な薄紫の花弁を広げていました。確かにこのようにまとまって見られるところは少なく、貴重な自然だと実感します。
また、断崖絶壁にはチングルマの白い花々が咲き乱れていました。よくもまあ、こんな断崖絶壁の条件の悪そうなところにという吹きっさらしの場所で可憐に、そして力強く咲いている様は、何か心うたれるものがありましたよ。
 山頂まで往復して、蟠渓温泉で温まって帰ってきました。雨に一日降りこまれましたが、楽しい時間を過ごす事ができました。

教訓:カメラのメモリーとバッテリーは出発前に必ずチェックしましょう!なぜこの投稿に画像がないか…お分かりですね!

H.E.S.中山
2009.06.15 Mon l ツアー報告 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。