上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
最近暖かい日が続いていますね。
森の花たちが次々に開花していますが、夏の鳥たちも到着しているようです。
岩見沢の利根別まで、鳥の姿を探しに出かけました。

チュピィーチュピィーと樹洞の前で鳴くのはニュウナイスズメです。
チヨチヨビーとセンダイムシクイが明るく鳴き、
木道の上には宝石のようなキビタキが現れました。
夏にやってくるヒタキの仲間は姿も声も美しく、私たちを楽しませてくれます。

谷沿いに進んでいるうちに、深い瑠璃色をしたオオルリも登場です。
青と黄色を楽しみながら、夏の鳥を満喫した1日でした。
tonebetsu.jpg
観察風景

kissaten.jpg
歩いたあとは、喫茶店でふりかえりです。
今日見た動植物を確認します。
スポンサーサイト
2006.05.18 Thu l ツアー報告 l COM(0) TB(1) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hes.blog9.fc2.com/tb.php/105-8d479fd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
オオルリオオルリ(大瑠璃)とは、スズメ目ヒタキ科の鳥。学名はCyanoptila cyanomelana。夏鳥。雄の背中は青く、喉、顔は黒で腹は白い。約14.5cm。栃木県の県の鳥に指定されている。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。