上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
canoe.jpg
小沼でのカヌー
enkousou.jpg
日差しを浴びるエンコウソウ

アカショウビンが見てみたい。
そんな思いを胸に秘め札幌を出発する。天気は良好。留寿都と豊浦に寄り道をしながら、長万部の静狩湿原でお昼ご飯をいただいた。花の時期はまだ先のようだが、ベニマシコとノビタキが美しい姿を見せてくれる。大沼では木々と水に囲まれた美しい道が楽しい。ゆっくりと歩き温泉につかろう。

翌日快晴。満を持して道を行くとキョロロロロロ…と鳴き声が響いた。いる。でも姿は見えない。じっくりと探すために池のほとりに腰かける。静かな時間を楽しみながら声をたよりに探していると、クマゲラが目の前に飛んできた。どうやらオスとメス、2羽いるらしい。アカショウビンは見つからないけれど、いい朝を過ごせた。

朝食のあとはフラワーウォッチング。満開のチゴユリに驚き、ベニバナイチヤクソウに目を細める。小沼のカヌーではカワセミが見られた。無人島のハンモックに揺られるのも面白い。今日は大沼とはお別れ。北檜山の田園、ねとい温泉に泊まる。

早朝から雨。アカショウビンは鳴いてくれない。クマゲラが空高く飛んでいる。残念だけど、足元に広がるエゾノリュウキンカとテングスミレに励まされる。頭の上ではブナの新緑が気持ちいい。たくさんの鳥と花を楽しみながら、札幌へと戻った。また来なさい。そんな言葉が聞こえた気がした。(小林峻)
スポンサーサイト
2005.05.23 Mon l ツアー報告 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hes.blog9.fc2.com/tb.php/13-0014a5c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。