上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
hachikuma2.jpg

秋の歳時記、タカの渡りを見にでかけてきました。
まずは室蘭のマスイチ浜でのんびりと空を見上げます。
大きめの猛きん類は上空を優雅に飛翔していますが、
小型のタカは私たちのすぐ横をすり抜けていったりして、
なかなか気が抜けません。
masuichi.jpg

タカだけではなく、周囲の林では渡り途中の鳥たちにも出会えます。
この日は昼間なかなかお目にかかることのない、「ヨタカ」が登場しました。
宮沢賢治の夜鷹の星で有名な鳥ですね。

翌日はこのツアーで私が一番ご案内したかった、カムイヌプリへと向かいます。
この山は私がタカの渡りを調査していた場所で、タカの渡りがとてもよく観察できる場所なのです。
標高750mの山頂目指して2時間かけて歩いていくと、
太平洋が一望できるウォッチングポイントへ到着します。
nupuri.jpg

kamuinupuri.jpg

このポイントの最大の特徴はタカの背中が見えること。
750mから山裾を見ていると、
タカが上昇気流に乗って舞い上がってくる様子が観察できます。

出現数は少なかったのですが、
今回もタカの背中を見ることができました。
来年もまた来たいなぁと思わせてくれます。
nosurihaimen.jpg

タカの渡りに興味のある方は、
都合の良い日をお教えいただけると、
オーダーメイドのタカの渡りツアーも企画できます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

<ねおすネイチャーガイド 小林峻>
スポンサーサイト
2007.10.22 Mon l ツアー報告 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hes.blog9.fc2.com/tb.php/163-9f70a8fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。