上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
1名のお客様と3名のねおす受講生とともに道東を旅してきました。
今回のツアーは「ねおす自然体験活動指導者養成コース」の道東実習を、
そのまま体験する内容です。
宿泊はキャンプが2泊含まれますので、キャンプ生活に慣れた方を対象としました。
たくさんの体験と勉強が詰め込まれた内容の濃いツアーとなりました。

5日間のスケジュールはこんな感じです。
1日目:札幌より移動 川湯エコミュージアムセンター見学 施設泊
2日目:子どもパークレンジャー参加 厚岸キャンプ場泊
3日目:霧多布周辺の自然観察 野付半島にてガイドツアー体験 尾岱沼キャンプ場泊
4日目:知床峠にて昼食 フレペの滝ガイドウォーク体験 ガイド会社訪問 ペンション泊
5日目:清里町さくらの滝・神の子池訪問 札幌へ移動

屈斜路湖に来たからには、まずはカヌーを体験します。
ガイド付きで釧路川の源流を下るカヌーは人気のアクティビティです。
ちなみに本日のガイドは、ねおす養成コースの卒業生でした。
canoe20080820125857420.jpg

カヌーのあとは川湯エコミュージアムセンターに移動して周辺の自然を理解します。
ねおすスタッフの萩原の説明に耳を傾けます。
EMC20080820125859533.jpg

この日の晩は屈斜路湖畔の研修所に泊まりました。
あまり利用されていませんが、快適な施設です。

翌日は環境省の事業である子どもパークレンジャー事業のお手伝いをします。
たくさんの子どもたちが、川の魚や昆虫を調べました。
JPRJPG20080820125900875.jpg

調べるには捕まえるのがいちばんということで、
みんなで網を持って出陣しています。
kawa20080820125902618.jpg

3日目は霧多布からスタートしました。
湿原以外の草原に生える草花を観察したり、
塩湿地と呼ばれる汽水の植生を観察したり、
霧多布湿原そのものを観察したりしました。
FW20080820125904290.jpg
道沿いの何でもない草地にも花がたくさん咲いています。

これは塩湿地に咲く、ウミミドリです。
umimidori20080820125906814.jpg

こちらはヒオウギアヤメ。
hiougi20080820125909658.jpg

notsuke20080820125910539.jpg

この日は野付半島にまで足を伸ばし、ガイドウォークも受けました。
霧多布とまた違う、砂の上に成立したお花畑を楽しみました。
草原、塩湿地、湿原、海岸植生と今日は4種類もの環境を見比べたことになりますね。

今回のツアーは宿に泊まることが少なく、
キャンプ場のコテージなどを利用しての宿泊です。
朝ご飯も自炊しますし、夕ご飯はランタンの灯りの中でいただきます。
テント泊ではないのでなかなか快適に過ごすことができますよ。
asa20080820125911080.jpg

4日目は一気に知床へと走りました。
知床ネイチャーオフィスの松田さんに、
知床のメイントレイルであるフレペの滝コースをご案内いただきました。
笑いを前面に押し出したガイドながらも、
その背景には科学的な裏付けがしっかりとあり、
参加者はみんな引きつけられてしまいました。
matsuda20080820125911781.jpg

シカの食べない、ナミキソウが群落を作っています。
namiki20080820125912812.jpg

この日は清里町のロッジ風景画さんに宿泊しました。
とても良い宿でオーナーの山下さんはガイドさんでもあります。

最終日は清里町の名所をまわり、帰路につきました。
sakura20080820125914054.jpg
サクラマスの登る、さくらの滝。
なかなかに癒しのスポットですね。

たくさんの場所をめぐり、
たくさんのガイドさんに出会い、
道東の自然と人を満喫した5日間でした。
ありがとうございました。
                       NPO法人ねおす 小林峻
スポンサーサイト
2008.08.20 Wed l ツアー報告 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hes.blog9.fc2.com/tb.php/176-65f4bfee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。