上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

サミットで話題となっていた洞爺湖へ出かけてきました。

あまり報道はされませんでしたが、

洞爺湖周辺は特徴的な自然環境や、おいしい食のある魅力的な訪問地です。

中山峠経由で、まずは洞爺ビジターセンターへと向かいました。

ここは火山科学館が併設されているのですが、かなりおすすめの施設です。

600円払ってシアターを視聴すると、

有珠山噴火の歴史がたちどころに分かっちゃいます。

ここで情報収集したあとは実際に噴火の現場に出かけます。

西山火口という8年前に噴火した場所です。

国道230号の真下から噴火した場所は70mも隆起して、小さな山となりました。

ここの噴気は硫黄分が少なく、あまりむせることがありません。

火山灰も弱アルカリ性のため、植物の復活が早いことが特徴です。

天気の良かったこの日は、噴火湾がきらきらと光っていました。

双眼鏡で見ると美しく見えます。

このあと訪れた場所は四十三山(よそみやま)。ここは明治43年に噴火した火口あとです。

だから「よそみやま」なんですね。

ここは100年間の間に立派な森となっています。

8年前の西山火口とは全く違う風景が広がっていました。

そう、100年経つと森になる場所なのです。このあたりは。

2日目は朝から中島へと出かけました。

エゾシカで有名な中島ですが、トレッキングにもちょうど良いコースが広がっています。

ここはエゾシカのおかげで、エゾシカの嫌いな植物ばかりが残る場所になってしまいました。

なかなか特異な環境での歩きとなります。

お昼ごはんは地元のパン屋さんでサンドイッチを購入して、

見晴らしの良い公園でいただきました。

地元の食材を使ったボリュームたっぷりのパンには皆さん大満足でしたよ。

その後壮瞥町の果樹園を訪れ、

ここでしか買えないおいしいジャムや、

旬を迎えつつあるモモなんかをおみやげに買って、帰路につきました。

おいしそうなブドウが並んでいますが、

収穫にはまだ早いのだそうです。

もう少し遅くに来れば、ブドウ狩りも楽しめたようです。

惜しい!

そんな風に洞爺の自然と食を楽しんだ2日間は終わりました。

近すぎてなかなかじっくりと訪れる機会のない場所ですが、

魅力的な場所だと思います。

次回は皆さんもいかがですか?

NPO法人ねおす小林峻

スポンサーサイト
2008.08.20 Wed l お知らせ l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hes.blog9.fc2.com/tb.php/177-ea34356a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。