上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
旭川の春を探しに、男山自然公園に出かけてきました。
あいにくの雨模様でしたが、2名の参加者と早春の森を歩きました。

男山自然公園は男山酒造の持つ私有地で、カタクリの時期だけ一般に開放されています。
有名な突哨山は同じ連なりの山なので、ほぼ同じ場所といってもいいですね。






さてさて歩いてみると、まだ雪がたくさん残っています。
大雪山自然学校のある東川町の森には雪がなかったのですが、
この丘陵にはまだまだたくさんの雪あるのです。





DSCF0245.jpg

そんな中でもカタクリの芽が、顔を出していました。
上に乗る雪をものともせずに、伸びてくるんですね~。




DSCF0247.jpg

上を見上げると鳥の声がかすかに聞こえてきます。
雨が降ったり、風が吹いたりのお天気なので、鳥の姿ははっきりとみられませんでした。

でもでも、移動途中のJR鉄橋にオジロワシが2羽とまっているのを
はっきりとみることができたんですよ。
私は鳥好きガイドなので、いつでもバードウォッチングしちゃいます。







DSCF0246.jpg

今日は残念ながら、お花の姿をほとんど見ることができませんでした。
しかしこれも自然の流れの一部ですね。
花が咲く前の植物の芽をこんなにじっくり見る機会もないと思います。


悪天候の中、楽しんでいただいたみなさん、本当にありがとうございます。

NPO法人ねおす・大雪山自然学校 小林峻
スポンサーサイト
2013.05.02 Thu l ツアー報告 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hes.blog9.fc2.com/tb.php/223-2862ed07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。