上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
札幌から車で2時間ほど走ると、ちょうど積丹半島の先端に到着します。昔は崖が連続する難所中の難所でした。車が走ることは出来ないので、人々は海を船で移動したり、ひたすら歩いて移動したりしていたそうです。

島無意海岸にはそんな旧道が自然歩道として残されています。ゆっくりと足を踏み出すと、程よい広さの歩きやすい道が広がりました。最初は沢沿いを歩きますが、海岸に出てからは崖に添うように歩いていきます。ふりかえると積丹岳や余別岳が望めます。

渡りの途中でしょうか、アマツバメやイワツバメがはるか頭上に舞っています。そして、ミサゴやハヤブサなどの猛禽類も存在感たっぷりに現れました。
足元に目を移すと、トリカブトがしっかりと咲いています。季節の訪れを知らせる秋の花です。

時間をゆっくりと使った旧道トレッキングでした。(小林峻)



shimamui.jpg

torikabuto.jpg

スポンサーサイト
2005.09.13 Tue l ツアー報告 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hes.blog9.fc2.com/tb.php/45-ab26c118
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。