上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
北海道新聞でも取り上げられた長都沼に行ってきました。
長都沼はすでに埋め立てられていて、拡幅水路のことを「長都沼」と呼んでいます。
さらにその水路も千歳川の浚渫によって水位が下がり、水面が減少してしまいました。
北海道新聞はそのことを記事にしたわけです。

鳥がいないのではと心配していましたが、オオハクチョウやヒシクイが飛来していました。
湿地が出来たため、ハマシギやツルシギなどのシギ類も姿を見せてくれました。
人間の都合で環境が改変され続けていますが、鳥たちは粘り強く生きているようでした。

洪水や農業被害などがあるにせよ、私たちももう少し配慮しなくてはならないのかもしれません。


osatsunuma.jpg

  長都沼にて観察中
スポンサーサイト
2005.11.03 Thu l ツアー報告 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hes.blog9.fc2.com/tb.php/70-8e787061
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。