上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
エコツアーの先進地コスタリカに出かけてきました。
今回は7名のお客様とHESの中山とで総勢9名の旅となりました。
たくさんの動物や野鳥たち、そしてケツァールとの出会いを求めて、
のんびりウォッチングの始まりです。

まず訪れたのはコスタリカの北側に位置する「トルトゥゲーロ国立公園」です。
カリブ海に面した熱帯雨林で構成された公園は全てボートでの移動となります。
ここではホエザルやナマケモノ、たくさんのワニやイグアナ、
そしてバシリスクなどを見ることが出来ます。
トゥーカンと呼ばれるオオハシの仲間や、大きなインコも姿をあらわします。今回もたくさんの生き物を見ることが出来ました。

次に訪れたのは標高2,200mの高地にある熱帯雲霧林サベグレです。
ここにはあこがれの鳥、ケツァールやたくさんのハチドリが生息しています。私たちは幸運にも2日間に渡ってケツァールを観察することができました。
また原生林では1本の木にたくさんの着生植物が生息している様子を観察することができます。ベゴニアなど私たちが花屋で目にする植物の原種もたくさん観察することができました。

2箇所の異なる環境にゆっくり滞在することで、コスタリカの動植物をしっかりと観察することができました。そしてコスタリカの自然についても、理解することが出来たように感じます。
鳥や動物はもちろんですが、優秀な現地のネイチャーガイドとの出会いや、コスタリカの人々との出会いも貴重な経験となりました。

来年もぜひ実施したいと考えています。皆さんもいかがですか?
(ねおす小林峻)


quetzal.jpg
   ケツァール(カザリキヌバネドリ)

basilisk.jpg
   グリーンバシリスク

greeniguana.jpg
   グリーンイグアナ(メス)

greenvioletear.jpg
   ミドリハチドリ
スポンサーサイト
2006.01.14 Sat l ツアー報告 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hes.blog9.fc2.com/tb.php/84-561b919f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。